飯能市のマウスピース矯正ができる矯正歯科

〒357-0063 埼玉県飯能市飯能1337-3
西武池袋線「飯能駅」北口より徒歩15分、駐車場9台完備

診療時間
9:30~12:30 × ×
14:00~19:00 × ×

△:14:00~18:00、休診日:木曜・日曜 ・祝日
※祝日のある週は木曜診療あり

ご予約・お問合せはこちら

042-972-2767

歯列矯正のマウスピース装着をサボったらどうなる?

歯列矯正のマウスピース装着をサボったらどうなる?

当院では、マウスピース矯正に対応しており、治療方法や治療期間などについて質問を受けることがあります。その中でも多いのがマウスピースの装着をサボった場合に起こり得るリスク・トラブルについてです。

 

治療が進まなくなる

マウスピース矯正において、マウスピースの装着をサボることは治療の遅れへとつながります。そもそもマウスピース矯正は着脱式の装置であり、装着しない限り歯列へ矯正力を働かせることができません。ですから、マウスピースの装着をサボったらサボっただけ、治療が遅くなるものと考えましょう。

 

後戻りが起こる?

 

マウスピースの装着をサボった期間が1ヶ月で1~2日程度なら、治療が進まなくなるくらいの弊害しかありませんが、それが3~4日やそれ以上増えると、今度は歯の後戻りが始まります。これまで動かしてきた歯が元の位置へと戻っていってしまうため、今使っているマウスピースが合わなくなります。それでも無理やりマウスピースを装着しようとすると、歯や歯茎を傷めてしまうため注意しましょう。そうしたケースでは基本的に、ひとつ前のマウスピースに戻すことになります。

 

治療の立て直しが必要になることも

マウスピースの装着時間を管理できない場合は、当初の治療計画が破綻してしまい、改めて立案し直さなければならなくなることもあります。そうなると費用が余計にかかったり、治療期間が大幅に延長したりするなど、患者様が被るデメリットも極めて大きくなります。

 

 

まとめ

このように、歯列矯正のマウスピース装着をサボったら、皆さんが想像している以上に深刻なトラブルへと発展しかねません。マウスピース矯正を選択するのであれば、装着時間は厳守するようにしてください。それが難しいのであれば、固定式の装置の方が向いているといえます。とはいえ、マウスピースの装着をサボり過ぎてしまう人というのは、それほど多くはありませんのでご安心ください

 

以下のページもご覧ください

当院で行っているマウスピースを用いた矯正治療がどのようなものか、その特徴をご紹介します。

当院でご提供している矯正治療の種類や料金については、こちらをご覧ください。

初診時の受付からカウンセリング、検査、そして治療が終わるまでの流れについて、順を追ってご説明します。

患者さまからの「よくある質問」にお答えします。ほかにも知りたいことがございましたら、お気軽にスタッフまでお尋ねください。

治療に必要な器具・機器をご紹介するページです。安全な診療を目指し、院内感染防止対策も徹底しております。
 

当院では矯正歯科治療でお悩みの方へ無料矯正相談を行っています。お電話かWEB予約よりお気軽にご連絡ください。

042-972-2767

診療時間

 
午前 × ×
午後 × ×

午前:9:30~12:30
午後:14:00~19:00
△:14:00~18:00
休診日:木曜・日曜・祝日
※祝日のある週は木曜診療あり

042-972-2767

〒357-0063
埼玉県飯能市飯能1337-3
西武池袋線「飯能駅」北口より徒歩15分、バス10分、タクシー5分
駐車場は9台完備